胃癌の症状や治療を知る |胃がん調べるネット

胃がん調べるネットトップ > 胃癌の分類胃癌のTNM分類について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

胃癌のTNM分類について

ステージを決める重要な指針

胃癌の治療方針を決定するのは、進行の度合いを表す「ステージ」です。
胃癌の場合、通常の癌と同様に、ステージ1からステージ4までに分類されます。このステージを決定するために必要となるのが、「TNM分類」です。

Tは癌の浸潤度を表す

TNM分類の「T」は、胃癌の癌細胞が、胃の組織のどこまで浸潤しているかを表すものです。

浸潤が粘膜にとどまる場合はT1a、粘膜下層まで浸潤している場合はT1b、筋層に浸潤している場合はT2、漿膜の下まで浸潤している場合はT3、漿膜まで浸潤している場合T4a、腹膜に及んでいたり、他の臓器まで浸潤していたりする場合はT4bとなります。

Nは癌細胞の転移状況を表す

TNM分類の「N」は癌細胞が領域リンパ節にどれだけ転移しているかを示します。

>転移していない場合N0、転移した癌細胞の個数が1~2個の場合N1、3~6個の場合N2、それ以上の場合、N3となります。TNM分類の「M」は離れた臓器に転移しているかどうかを示します。
不明の場合MX、転移がない場合M0、転移がある場合M1となります。

TNM分類によるステージ決定について

このTNM分類に従い、ステージが決定されます。
例えば胃癌が筋層に浸潤していて、領域リンパ節に転移した癌細胞の個数が1~2個の場合、これはT2でN1のケースです。この場合、ステージ2Aとなります。

癌細胞が漿膜の下まで浸潤していて、領域リンパ節に相当数の転移がある場合、T3とN3となり、ステージ3Bと判断できます。ちなみに、離れた臓器に転移がある場合、すべてのケースでステージ4となります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

INDEX 胃癌とは何か 胃癌の検査を詳しく 胃癌の主な治療法 治療後の心配事 胃癌との関係は?知っておきたいピロリ菌

Copyright(c)胃がん調べるネット All rights reserved.