胃癌の症状や治療を知る |胃がん調べるネット

胃がん調べるネットトップ > 胃癌の分類胃癌のステージについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

胃癌のステージについて

癌の進行度合い示すステージ

癌を治療する場合、通常3つの方法で治療方針を決定していくことになります。
1つ目はそれが本当に癌であるのか、癌細胞はどんな種類かということです。
2つ目はどこの部分にあるのか、ということになります。そして3つ目は、癌がどこまで進行しているのかです。この癌の進行の程度を表すのが「ステージ」です。

通常癌のステージは1から4までに分類されています。
癌には胃癌、肺癌、乳癌など様々な種類がありますが、これらの癌すべてにおいて、ステージによる分類で治療方針が決定さています。また、5年生存率などの臨床データも、ステージ別となっているのが一般的です。

ステージを決める要素とは

胃癌の場合、ステージを決定する要素が3つあります。
1つは胃の組織のどこまで癌細胞の浸潤が進んでいるかです。
胃には内側から粘膜層、粘膜下層、筋層、漿膜がありますが、通常の胃癌は粘膜層から発症します。この粘膜層からどれだけ浸潤しているかが、ステージを決定する1つの要素になります。

もう1つの要素は、領域リンパ節にどれだけ転移しているかです。
転移しているか、いないかだけでなく、転移した個数でも判断されます。

最後の1つは遠隔臓器、つまり他の臓器に転移しているかどうかです。

治療はステージで異なる

例えば、胃がんが粘膜層のみにとどまり、領域リンパ節や遠隔臓器に転移が見られなければ、ステージ1と判断できます。この場合、治療方針は開腹手術ではなく、より簡単な内視鏡治療、つまり胃カメラでの治療が選択肢に入ってきます。
このようにステージは、治療方針だけでなく、どんな手術が可能かの判断材料ともなるわけです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

INDEX 胃癌とは何か 胃癌の検査を詳しく 胃癌の主な治療法 治療後の心配事 胃癌との関係は?知っておきたいピロリ菌

Copyright(c)胃がん調べるネット All rights reserved.