胃癌の症状や治療を知る |胃がん調べるネット

胃がん調べるネットトップ > 外科手術拡大手術の内容と対象

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

拡大手術の内容と対象

規模の大きな胃癌の手術

胃癌に対して手術を実施する場合、「拡大手術」を行う場合があります。
拡大手術とは、ひとことでいうと、定型手術よりも規模を拡大して行う手術のことです。

通常、胃癌に対しては定型手術が行われます。定型手術は、胃の3分の2を切除し、胃の周辺にあるリンパ節を切除する方法で実施されます。
ところが、進行胃癌の場合、この定型手術では対応が出来ないケースがあります。

進行した胃癌を対象とした術式

例えば、胃癌が胃の粘膜層、粘膜下層、筋層を突き抜けて浸潤し、胃を覆っている漿膜組織にまで達している場合です。つまり、胃癌細胞が胃の外側に露出しているケースです。

この場合、肝臓、脾臓、膵臓などの臓器にも癌が転移していると考えられますので、胃全摘出術を実施するのはもちろんですが、癌が転移している周辺の臓器の切除も行うことになります。

また、胃癌が胃の外側まで浸潤しているとなると、当然リンパ節にも相当の癌細胞が転移している、と考えられます。定型手術の際に行われる領域リンパ節郭清にとどまらず、リンパ節拡大郭清とよばれる、腹部大動脈周辺にあるリンパ節の切除も実施されます。

拡大手術のメリット・デメリット

胃癌の拡大手術は、標準的な手術よりも胃癌を根治しやすい、と報告されています。
しかし、この手術は、複数の臓器に対して実施されますので、手術時間も長時間におよび、患者さんへの負担も相当なものになります。
また、術後の合併症も多く報告されていますので、慎重に検査を行ってから実施される場合がほとんどです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

INDEX 胃癌とは何か 胃癌の検査を詳しく 胃癌の主な治療法 治療後の心配事 胃癌との関係は?知っておきたいピロリ菌

Copyright(c)胃がん調べるネット All rights reserved.