胃癌の症状や治療を知る |胃がん調べるネット

胃がん調べるネットトップ > 外科手術胃部分切除術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

胃部分切除術

切除割合はステージで判断する

胃癌の手術を行う場合、胃の切除を行うケースが最も一般的です。
病変部の大きさや、胃癌の進行の程度により、胃全摘出術となるのか、胃部分切除術となるのか決まります。

胃癌の進行の程度はステージで示されますが、進行があまり進んでいないステージ1からステージ3Aの胃癌の場合は、胃部分切除術が選択されることが多いといえます。
胃部分切除術は、胃癌に対して実施される場合、大まかにいって2つの術式が知られています。

3分の2以上を切除する幽門側胃切除術

1つは幽門側胃切除術です。幽門側とは胃の出口側、つまり十二指腸側です。
幽門側胃切除術を行う場合は、胃を3分の2以上切除し、胃の断面を十二指腸と吻合することになります。ただし、切除した胃が大きく、断面と十二指腸の距離が離れすぎている場合、胃の断面は小腸と吻合することになります。

胃癌は幽門側に発生することが多いため、幽門側胃切除術は症例数が多く、標準的な術式が確立されている胃部分切除術です。

噴門側胃切除術は研究途中の術式

胃部分切除術の2つ目は、噴門側胃切除術です。噴門側胃切除術は胃の入り口側、つまり食道側を切除し、胃の断面と食道を吻合する術式です。噴門側胃切除術は、比較的早期に発見された噴門部の胃癌のケースにのみ実施されます。

この方法では、術後に残された胃の幽門側から発生する胃酸が、食道に悪い影響を与えることが多く、標準的な術式が確立されているわけではありません。
また、症例数も少ないため、現在のところ研究途中にある術式、ということができるでしょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

INDEX 胃癌とは何か 胃癌の検査を詳しく 胃癌の主な治療法 治療後の心配事 胃癌との関係は?知っておきたいピロリ菌

Copyright(c)胃がん調べるネット All rights reserved.