胃癌の症状や治療を知る |胃がん調べるネット

胃がん調べるネットトップ > 胃癌の検査胃がんのABC検診とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

胃がんのABC検診とは

胃がん発症率を調べるABC検診

早期発見が完治に繋がりやすい胃がんですが、一般的に胃がんの検診はエックス線撮影で行われてきました。しかし最近では、「ABC検診」を実施している医療機関も多くなってきています。

では、胃がんのABC検診とは何でしょうか。これは、胃がんそのものを発見する検診というよりも、胃がん発症のリスクを検査するもの、といえるでしょう。

ABC検診で調べる内容とは

ABC検診では、ピロリ菌の存在血清ペプシノゲン値を調査します。
ピロリ菌は胃がん発症のリスクを高める要素の1つとされています。
また、血清ペプシノゲン値からは慢性委縮性胃炎の有無がわかります。慢性萎縮性胃炎も胃がん発症のリスクを高める要素の1つです。

ピロリ菌と慢性萎縮性胃炎の有無を「ABCD」で分類する方法が、胃がんのABC検診です。
ピロリ菌と慢性萎縮性胃炎が両方ともない場合、分類は「A」となります。
胃は健康であり、胃がん発生リスクはほとんどありません。
ピロリ菌のみ存在する場合は、分類は「B」となります。胃潰瘍の恐れがあり、胃がん発症のリスクがあります。ピロリ菌を除菌する治療を受けたほうが賢明です。

ABC検診の分類法

ピロリ菌と慢性萎縮性胃炎が両方ともある場合、分類は「C」です。胃がん発症のリスクは非常に高く、ピロリ菌を除菌する必要があります。

慢性萎縮性胃炎があり、ピロリ菌が存在しない場合、分類は「D」です。
これはピロリ菌すら住めないほど胃の環境が悪化していることを示しています。ABC検診で分類が「D」だった場合、胃がん発症のリスクは極めて高いため、精密検査を毎年受ける必要があります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

INDEX 胃癌とは何か 胃癌の検査を詳しく 胃癌の主な治療法 治療後の心配事 胃癌との関係は?知っておきたいピロリ菌

Copyright(c)胃がん調べるネット All rights reserved.