胃癌の症状や治療を知る |胃がん調べるネット

胃がん調べるネットトップ > 胃癌の検査超音波内視鏡検査(EUS)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

超音波内視鏡検査(EUS)

臓器の断面から癌を見つける検査法

胃癌の検査の1つに、「超音波内視鏡検査」という検査があります。

超音波内視鏡検査は、「Endoscopic ultrasound」の略で、「EUS」と呼ばれることもあります。
超音波内視鏡検査は、通常の内視鏡検査と同様ですが、先端についているのがカメラではなく、「超音波検査プローブ」と呼ばれる探触子であることに違いがあります。
このプローブを通して、超音波により臓器の断面がどうなっているのかを調査します。

より胃癌に近い位置から超音波を発生させるため、検査の精度は高いといえるでしょう。
見分けがつきにくいとされる良性腫瘍と悪性腫瘍の判断に使用されることもあります。

浸潤程度を調べるのに有効な検査法

超音波内視鏡検査は、胃癌そのものの発見する、というよりも、むしろ発見された癌の浸潤の程度を検査するのに効果的です。

特に胃の内壁のうち、胃カメラで見えるのは粘膜層までです。粘膜層の外側にある粘膜下層、さらに外側にある筋層、臓器である胃を包んでいる漿膜は、胃カメラでは見ることができません。
胃癌における超音波内視鏡検査は、見えない胃壁の内面に、どの程度胃癌が浸潤しているかの検査に使用されるケースが多いといえるでしょう。

転移状況も調べられる

また、他の臓器への転移や、リンパ節への転移もこの検査で調べることができます。
超音波内視鏡検査により、転移や浸潤の度合いが判断でき、胃癌の治療方針が決定されていくことになるわけです。

注意点として、この検査は、判断に相当の経験を必要とすることが挙げられます。
胃癌の症例数が多いなど、信頼できる医療機関で検査することが望ましいでしょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

INDEX 胃癌とは何か 胃癌の検査を詳しく 胃癌の主な治療法 治療後の心配事 胃癌との関係は?知っておきたいピロリ菌

Copyright(c)胃がん調べるネット All rights reserved.