胃癌の症状や治療を知る |胃がん調べるネット

胃がん調べるネットトップ > 内視鏡的切除内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)

2センチ以上の癌にも使える内視鏡的切除

早期胃癌が発見された場合、病変部を切除するために内視鏡的切除が行われることがあります。
一般的な内視鏡的切除は、口から入れた内視鏡を用いて、病変部にワイヤーをかけ、高周波電流を流して焼き切る方法で行われてきました。

ワイヤーをかける必要があるため、適応する胃癌の大きさは2センチまで、というガイドラインがあり、それ以上の胃癌に対しては通常の開腹手術を行うことが一般的でした。
しかし近年、「内視鏡的粘膜下層剥離術」によって、病変部が2センチ以上でも内視鏡的切除を実施することができるようになりました。

ESDの実施方法

内視鏡的粘膜下層剥離術は、正式名称である「Endoscopic Submucosal Dissection」の頭文字をとり、「ESD」と呼ばれています。

ESDの方法は、口から内視鏡を入れ、病変部の周囲にマーキングを施します。
この際、病変部の下部の粘膜層に薬液を注入し、粘膜層を厚くすることもあります。
次に、マーキングした病変部の周囲を、特殊なメスを用いて、胃の粘膜層の下にある粘膜下層の深さまで切開します。最後に、粘膜下層の深さで切開した部分から、病変部と周囲の正常な粘膜層を剥離させます。簡単にいうと、シールをはがす要領です。

高度な医療技術が必要な術式

早期胃癌は、基本的に病変部が胃の粘膜層にとどまっているので、粘膜下層の深さで剥離すれば、病変部は確実に切除できることになります。

ESDは大きな病変部にも対応できる術式ではありますが、同じ内視鏡的切除術であるポリペクトミーやEMRより相当高度な医療技術が求められます
このため、症例数が多い医療機関を慎重に選ぶ必要があるといえるでしょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

INDEX 胃癌とは何か 胃癌の検査を詳しく 胃癌の主な治療法 治療後の心配事 胃癌との関係は?知っておきたいピロリ菌

Copyright(c)胃がん調べるネット All rights reserved.