胃癌の症状や治療を知る |胃がん調べるネット

胃がん調べるネットトップ > 内視鏡的切除ポリペクトミーについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポリペクトミーについて

早期癌に有効な内視鏡的切除

早期胃癌が発見された場合、内視鏡的切除で手術を行うことが可能な場合があります。
内視鏡的切除は主に2センチ以下の腫瘍に用いることが多いのですが、体への負担が少なく、胃も切り取らずに済むため、予後が良いといえます。

この内視鏡的切除の1つに「ポリペクトミー」があります。
胃癌にポリペクトミーが用いられる場合はステージ1、つまり早期胃癌のケースに限定されます。
また、胃の粘膜層で隆起している腫瘍にのみ用いることが出来る術式です。

ポリペクトミーについて

ポリペクトミーでどのように胃癌を切除するかというと、口から差し込んだ内視鏡の先端部分についているループ状のワイヤーを隆起した腫瘍の根元にかけ、絞り込んでから通電させ、腫瘍を根元から焼き切ることによって行います。焼き切った腫瘍部分は回収され、組織が詳しく調べられます。

また、ポリペクトミーは、胃癌そのものといえる腫瘍だけでなく、将来的に癌になる可能性のあるポリープを切除する際にも用いられています。

ポリペクトミーにはリスクもある

ポリペクトミーは、胃癌治療のうち、最も簡単といわれている方法ですが、切除した部位に出血や穿孔(穴があくこと)が起こるといったリスクがあるのも事実です。

また、胃癌の病変部は全て除去する必要があります。取り残すと再発する恐れがあるのです。
実際に胃癌で内視鏡的切除を行った症例のうち、1割程度で再発が認められています。
このため、ポリペクトミーを含めた内視鏡的切除を選択肢に入れる場合は、症例数が多く、経験を積んだ医療機関で治療を受ける必要があります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

INDEX 胃癌とは何か 胃癌の検査を詳しく 胃癌の主な治療法 治療後の心配事 胃癌との関係は?知っておきたいピロリ菌

Copyright(c)胃がん調べるネット All rights reserved.