胃癌の症状や治療を知る |胃がん調べるネット

胃がん調べるネットトップ > 内視鏡的切除胃癌の内視鏡的切除

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

胃癌の内視鏡的切除

内視鏡を用いた外科手術

胃癌の基本治療は手術が一般的です。早期胃癌の状態で胃癌が発見されると、開腹手術ではなく、胃癌を内視鏡的切除で取り除くことができます。
内視鏡的切除は、「胃カメラ」とも呼ばれる内視鏡を用いて行われる術式のことです。

まず、口から先端にケーブルを差し込みます。ケーブルの先端には、カメラと金属製の特殊な器具がついています。カメラからの映像を見ながら、胃の粘膜層にある病変を特殊な器具を用いて切除する術式が、胃癌の内視鏡的切除です。

早期胃癌にしか使えない内視鏡的切除

ただし、胃癌の内視鏡的切除が可能なのは、胃癌の進行があまり進んでいない早期胃癌に限られます。進行の程度はステージで表されますが、ステージ1Aまでの胃癌が内視鏡的切除の対象になります。

また、病変部の大きさはおおむね2センチまで、というのが一応の目安となっていますが、最近ではもう少し大きい病変部に対応できる内視鏡的切切除も増えています。

胃癌がリンパ節に転移している場合も、内視鏡的切除での治療を行うことはできません。
転移の可能性があるなら、通常の開腹手術により、転移の恐れのある器官を切除することが望ましいからです。

内視鏡的切除に適した癌とは

内視鏡的切除で対応できる胃癌の種類は、「分化型」と呼ばれる、粘膜組織を持つ胃癌に限られます。粘膜組織を持たない未分化型の胃癌は、癌細胞が散らばりやすい特徴があるので、内視鏡的切除には適していません。

一般的に、胃癌の内視鏡的切除は、侵襲性が少ない、つまり体への負担が少ない術式です。
このことからも、胃癌は、内視鏡的切除で処置できる早期に発見することが肝心といえます。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

INDEX 胃癌とは何か 胃癌の検査を詳しく 胃癌の主な治療法 治療後の心配事 胃癌との関係は?知っておきたいピロリ菌

Copyright(c)胃がん調べるネット All rights reserved.