胃癌の症状や治療を知る |胃がん調べるネット

胃がん調べるネットトップ > 内視鏡的切除内視鏡的粘膜切除術(EMR)について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内視鏡的粘膜切除術(EMR)について

小さな癌にも有効な内視鏡的粘膜切除術

胃癌の治療の1つに「内視鏡的切除」があります。内視鏡的切除は主に早期胃癌に対して用いられ、臓器への負担が少なく、入院の必要もないことが多いため、胃癌の治療としては最も一般的に行われている治療の1つです。

従来の内視鏡的切除は、早期胃癌のうち隆起したものしか切除できませんでしたが、最近、「内視鏡的粘膜切除術」で、隆起していない胃癌に対しても内視鏡的切除を行うことができるようになってきました。

EMRの実施条件・内容

内視鏡的粘膜切除術は、正式な名称である「Endoscopic Mucosal Resection」の頭文字をとり、「EMR」と呼ばれています。
EMRは胃癌のうち、腫瘍の大きさが2センチ以内で胃の粘膜層のみに浸潤がとどまっていること、リンパ節や他の臓器に転移がないことを条件に実施されます。

EMRの方法は、まず口から差し込んだ内視鏡による映像を見ながら、病変部の下部に生理食塩水を注射して隆起させます。次にループ状になったワイヤーを隆起した病変部の根元に掛け、締め付けます。最後に締め付けたワイヤーに高周波電流を流し、病変部を焼き切り、病変部組織を回収します。

EMRは体への負担が少ない術式

病変部の組織を検査し、再発がないかどうかも数年にわたって継続的に検査することになりますが、通常EMRの手術自体は1時間以内で終了します。
短時間で済むため、日帰りで手術が可能な医療機関も少なくありません。

しかしEMRは、隆起した腫瘍を対象とするポリペクトミーなど他の内視鏡的切除に比べて、技術が求められる手法の1つともいえますので、信頼できる医療機関で手術を行うことをおすすめいたします。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

INDEX 胃癌とは何か 胃癌の検査を詳しく 胃癌の主な治療法 治療後の心配事 胃癌との関係は?知っておきたいピロリ菌

Copyright(c)胃がん調べるネット All rights reserved.