胃癌の症状や治療を知る |胃がん調べるネット

胃がん調べるネットトップ > 術後の合併症腸閉塞(症状や治療)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

腸閉塞(症状や治療)

腸管の通過障害を起こす疾患

「腸閉塞」は腸管の通過障害で、消化管の内容物が滞ることで、腹痛、嘔吐、腹部膨満などの症状が顕著です。

腸閉塞には腸管の癒着など器質的変化が原因となって起こる「機械的腸閉塞」と、腸の機能低下で起こる「機能的(麻痺性)腸閉塞」があります。
機械的腸閉塞で血行障害を伴わないものを「単純性腸閉塞」、血行障害を伴うものを「複雑性腸閉塞」と分類します。

手術や薬剤が原因になることも

開腹手術後には、腸管が癒着して機械的腸閉塞になりやすい状態です。腸捻転などで腸管に血流障害が起こると、腸管が壊死する危険があり、緊急手術が必要なケースもあります。

また腸の動きをつかさどる神経が手術でダメージを受け腸の蠕動運動が低下したり、麻薬系鎮痛剤などの薬剤が原因で機能的(麻痺性)腸閉塞になるケースもあります。

術後は腸閉塞を起こさないよう注意する

胃の手術後は注意が必要とされています。特に胃癌などで胃を全摘すると、小腸を直接食道につなげて食物のルートをつくるため、口に入れた食物が直接小腸内に入り、腸閉塞になりやすいのです。
術後の腸閉塞は、術後数年経過してから起こることもあり、経過や患者の対策も重要とされています。

腸閉塞の症状・治療法

腸閉塞では腹痛、悪心、嘔吐、排ガス排便の停止等の症状が出現します。
血流障害が疑われない単純性腸閉塞では、手術を行わない保存的治療が原則です。

通常はイレウスチューブを鼻から入れ、閉塞部位の口側に溜まった腸の内容物を吸引することで収まります。複雑性腸閉塞の場合は腸管の血行障害を伴うため、緊急手術の対象になります。 判別が困難なケースでは、早期手術が可能な体制で治療方針を決定していきます。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

INDEX 胃癌とは何か 胃癌の検査を詳しく 胃癌の主な治療法 治療後の心配事 胃癌との関係は?知っておきたいピロリ菌

Copyright(c)胃がん調べるネット All rights reserved.