胃癌の症状や治療を知る |胃がん調べるネット

胃がん調べるネットトップ > 術後の合併症腸管麻痺(症状や治療)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

腸管麻痺(症状や治療)

腸管が機能低下を起こす疾患

胃癌などで開腹手術の後に、腸管の運動が低下したり停止する状態を「術後腸管麻痺」といいます。
腸管麻痺の原因としては、主に開腹時の腸への直接の手術操作によって、腸管運動に関係する腸管壁の神経組織を障害した結果起こると考えられています。

手術による湿度の過度の変化で、腸管壁の乾燥や湿潤が起こり、そのために神経組織に影響した結果、腸管麻痺が起こることもあります。また、全身麻酔や腰椎麻酔に用いた薬剤の影響も考えられます。

腸管麻痺が原因で起こる疾患

腸管麻痺では、腸閉塞の一種で機能的腸閉塞である「麻痺性イレウス」が代表的です。
手術後消化管蠕動は一時的に減弱、消失しますが、通常は48~72時間で回復します。
この状態を「生理的イレウス」といいます。ただしこの状態が遷延した場合「術後イレウス」といい「麻痺性イレウス」も含まれます。

「麻痺性イレウス」とは腸管の内容物の通過障害で、主に麻酔を含む薬の副作用などで引き起こされるものです。また患者が抗うつ剤や血圧降下剤など特定の薬を使っている場合なども該当します。
糖尿病や腸管運動が低下しやすい病気を患っている場合も同様です。

症状と治療法

症状としては腸の蠕動の消失や腹部膨満、腹痛、嘔吐などがあります。
排便、排ガスの停止、腸内のガスの増加などが認められますが、徐々に症状が現れるため病状に気づきにくく、注意が必要です。

麻痺性イレウスでは保存的治療がメインで、軽度であれば絶食や輸液のみでも完治します。
重度の場合は、腸内容を吸引・減圧したり、イレウス管で腸閉塞部の拡張を行います。
また、麻痺性イレウスでは蠕動亢進薬が使用されることもあります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

INDEX 胃癌とは何か 胃癌の検査を詳しく 胃癌の主な治療法 治療後の心配事 胃癌との関係は?知っておきたいピロリ菌

Copyright(c)胃がん調べるネット All rights reserved.