胃癌の症状や治療を知る |胃がん調べるネット

胃がん調べるネットトップ > 化学療法抗がん剤の副作用対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

抗がん剤の副作用対策

抗がん剤で癌細胞の増殖を防ぐ

抗がん剤は、癌の病巣の完全破壊や、手術前の投与によって病巣を収縮したり、術後の転移や再発を防ぐために使われます。主に癌が細胞分裂する過程に作用し、癌細胞の増殖を防ぎ死滅を促がします。特に手術が困難なケースで、化学療法中心の治療では抗がん剤は非常に重要な役割を果たします。

化学療法の主な副作用とは

抗がん剤は癌の細胞分裂に対しダメージを与えますが、正常な細胞もそれだけ影響を受け副作用を引き起します。抗がん剤の代表的な副作用は「脱毛」「汎血球減少」「吐き気・嘔吐」の3つです。

抗がん剤は癌細胞の増殖スピードでチェックするので、増殖スピードが比較的速い毛根細胞や骨髄細胞が影響を受けてしまいます。

脱毛・汎血球減少症が起こることも

毛根細胞に影響すると脱毛がはじまりますが、それを抑える方法はまだ確立されていません。
脱毛対策としてウィッグなどをあらかじめ準備しておくと安心です。抗がん剤による脱毛は治療終了後には再生します。

抗がん剤で骨髄幹細胞が障害されると、赤血球、白血球、血小板の3つが作られなくなる「汎血球減少症」になります。赤血球が下がると貧血症状、白血球が下がると抗体が作られず無菌室に入らなくてはならない場合もあります。血小板が下がると血液が止まりにくくなります。対策としては血球の増産を働きかける薬剤を投与したり輸血を行います。

副作用で起こる嘔吐症状について

抗がん剤による吐き気や嘔吐の副作用は、抗がん剤が脳の嘔吐中枢を刺激するため起こります。長期の抗がん剤治療で消化管粘膜にダメージが出るケースでも、食欲不振や嘔吐が起こることがあります。この対策として「セロトニン受容体拮抗薬」が活用され功を奏しています。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

INDEX 胃癌とは何か 胃癌の検査を詳しく 胃癌の主な治療法 治療後の心配事 胃癌との関係は?知っておきたいピロリ菌

Copyright(c)胃がん調べるネット All rights reserved.