胃癌の症状や治療を知る |胃がん調べるネット

胃がん調べるネットトップ > 化学療法化学療法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

化学療法について

治療が困難なケースにも用いられる

癌の三大療法といえば、手術療法、抗がん剤による化学療法、放射線療法ですが、胃癌の場合、化学療法は主に3種類のケースで実施されています。

1つ目は、手術による根治が難しいケースに用いられます。
この場合は完治を目指す目的ではなく、患者さんの残された時間を、質の高いものにするために行われます。残された時間を痛みが少なく、生活を楽しみやすいようにするのが目的です。

術前の補助療法に用いられ化学療法

胃癌に対して化学療法が用いられるケースの2つ目は、術前の補助的療法です。
手術を行う前に、つまり体力のあるうちに化学療法を行い、癌細胞を叩くことになります。
術前に化学療法が用いられやすいのは、主に進行性が高い胃癌です。一般的な胃癌は分化型で、粘膜構造を持ち、進行が遅い胃癌です。

しかしスキルス胃癌などの未分化型胃癌は進行が速いため、術前に化学療法を行うメリットがあります。特にリンパ節に大きく転移しているケースには、術前の化学療法が効果的であることが知られています。

術後の補助療法としての化学療法

胃癌に対して化学療法が用いられるケースの3つ目は、術後の補助的療法です。
手術で病変部分を切除した場合でも、細胞レベルでの取り残しがあるケースが認められます。
微細に残ってしまった癌細胞を、術後に化学療法によって叩きます。つまり、再発の可能性を少しでも減らす目的で用いられます。

ご存知の通り、化学療法には副作用があり、苦痛を伴いがちです。
このため、術後に化学療法が用いられるのは、ステージ3かステージ2の胃癌の場合のみで、早期胃癌に対してはまず行われません。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

INDEX 胃癌とは何か 胃癌の検査を詳しく 胃癌の主な治療法 治療後の心配事 胃癌との関係は?知っておきたいピロリ菌

Copyright(c)胃がん調べるネット All rights reserved.