胃癌の症状や治療を知る |胃がん調べるネット

胃がん調べるネットトップ > 緩和ケア緩和ケアについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

緩和ケアについて

苦痛を和らげる治療法

「緩和ケア」は、苦痛を和らげるための医療です。
がんによる身体的・精神的な苦痛を和らげ、がん患者が"自分らしい生活"を送れるようにするための医療といえます。

生活の質を改善するための治療

2002年に発表されたWHO(世界保健機関)による緩和ケアの定義では緩和ケアとは、生命を脅かす疾患を患っている、問題を抱えている患者と家族に対して、痛みやその他の身体的、心理的・社会的、さらにスピリチュアルのそれぞれの問題を早い段階で発見し、的確なアセスメントと治療・処置などの対処によって苦しみを予防したり和らげることで、生活の質(クオリティー・オブ・ライフ/QOL)を改善するためのケアと定義されています。

緩和ケアでは患者とその家族が自分らしく過ごせるよう、医学的な側面だけでなく、いろいろな場面で幅広い対応を行います。癌の治療・療養中は多様な体の不調だけでなく、精神的な落ち込みや不安などが患者を襲う場合があります。
またその家族にとっても、通院や看病を含めてつらさやストレスを感じることも多々あります。

緩和ケアで行われることとは

緩和ケアでは、心のカウンセリングを含め、さまざまなケアをチームで行います。
患者が可能な限り積極的に生きられるように支援し、その家族に対しても患者の闘病期間中から死別後、悲しみを乗り越えられるようにサポートしていきます。

多くの医療機関が痛みや苦痛、辛い症状を緩和することや、生命を重んじ、自然な死を尊重すること、死を早めることも、いたずらに遅らせることもしないなどWHOの7つのルールに従い、癌治療の初期から、外科手術、化学療法、放射線療法などの治療方法と連携して緩和ケアを行っています

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

INDEX 胃癌とは何か 胃癌の検査を詳しく 胃癌の主な治療法 治療後の心配事 胃癌との関係は?知っておきたいピロリ菌

Copyright(c)胃がん調べるネット All rights reserved.