胃癌の症状や治療を知る |胃がん調べるネット

胃がん調べるネットトップ > 術後の後遺症ダンピング症候群(原因・症状・治療)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダンピング症候群(原因・症状・治療)

胃切除後症候群の代表的な後遺症

「ダンピング症候群」とは、炭水化物が急速に小腸に流入するために起こるものです。
胃の切除手術による「胃切除後症候群」の代表的な障害で、手術を受けた人の15~30%にみられるとされています。

ダンピング症候群には、食事中や食後の直後に症状が現れる「早期ダンピング症候群」と、食後2~3時間たってから症状が出る「後期ダンピング症候群」の2つがあります。

早期ダンピング症候群の原因と症状

早期ダンピング症候群は、胃の切除で胃液の分泌量が低下し、また貯留機能が失われることで、高濃度で浸透圧の高い食べ物が胃の中に入ると、その一部が急激に胃から十二指腸、空腸へと排泄され、血管から腸管内へと水分の移動が起こって、結果的に血管運動神経症状を引き起すことで起こります。

主症状は、冷や汗、動悸、めまい、たちくらみ、また顔面紅潮、全身倦怠感、全身脱力感、全身熱感などです。腹痛、下痢、悪心、嘔吐などの腹部症状が表れる場合もあります。横になることでたいていの場合は症状が治まります。

後期ダンピング症候群の原因と症状

一方、胃の内容物が急速に排出されると、腸管からの炭水化物の吸収が増大し高血糖になります。
そのためにインスリンが過剰分泌され、逆に低血糖になってしまうことで起こるのが後期ダンピング症候群です。後発性低血糖症候群ともよばれています。

食後2~3時間たって発汗、めまい、呼吸の乱れ、頭痛や倦怠感などが現れます。早期ダンピング症候群に引き続いて起こる場合が多いです。ダンピング症候群では1日5~6回に分ける少量頻回食など食事療法を徹底し、薬はほとんど使いません。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

INDEX 胃癌とは何か 胃癌の検査を詳しく 胃癌の主な治療法 治療後の心配事 胃癌との関係は?知っておきたいピロリ菌

Copyright(c)胃がん調べるネット All rights reserved.