胃癌の症状や治療を知る |胃がん調べるネット

胃がん調べるネットトップ > 胃癌について胃癌の原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

胃癌の原因

癌は暴走した細胞

胃癌とは、主に胃の内面の粘膜から発生する癌のことです。
そもそも癌とは、正常な細胞のDNAに、何らかのエラーが生じて発生するものです。

正常な細胞は、必要な時に生まれ、やがて死んでいきます。このサイクルを繰り返すことで、体内のバランスは取られています。
しかし、癌細胞は必要でないときでも、増殖を繰り返す細胞です。癌細胞はd「暴走した細胞」と言い換えることもできるでしょう。

喫煙と深い関係がある胃癌

癌細胞は正常な細胞と比較して増殖する速度が極端に速く、栄養を余計に必要とします。
また、癌細胞は発生した臓器にとどまらず、他の臓器にも移動し、さらに増殖することが知られています。この暴走した細胞が、胃の粘膜から生じると、胃癌となります。
では、胃癌はなぜ発生するのでしょうか。

実は胃癌には様々な原因があるといわれています。すべての原因が確定されていないのが現状です。しかし、代表的な原因の1つが、喫煙であることは分かっています。
喫煙者ほど胃癌が発生しやすいといいます。喫煙と胃癌には確実に関係があると多くの研究結果も裏付けています。

食生活やピロリ菌も原因に

もう1つの代表的な原因は食生活です。特に塩分の過剰摂取は胃の粘膜を荒らし、発生のリスクを高くします。塩分摂取量の多い地域では、胃癌を発症する患者の割合が多いことが、統計的に明らかになっています。

また、「ピロリ菌」と呼ばれる細菌も、胃癌の原因の1つであると考えられています。
胃の内部にピロリ菌が存在していると、胃癌にかかるリスクが10倍になるという報告もあります。
ここまで胃癌の原因を考えてきましたが、最も大きな原因は、喫煙と食生活といってよいようです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

INDEX 胃癌とは何か 胃癌の検査を詳しく 胃癌の主な治療法 治療後の心配事 胃癌との関係は?知っておきたいピロリ菌

Copyright(c)胃がん調べるネット All rights reserved.