胃癌の症状や治療を知る |胃がん調べるネット

胃がん調べるネットトップ > 胃癌について胃癌の疑いがある自覚症状

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

胃癌の疑いがある自覚症状

自覚症状がない初期の胃癌

初期の胃癌は、自覚症状がほとんどないことで知られています。
このため、自覚症状が全くないのに人間ドックの検診で発見されるケースや、胃潰瘍を診察中、偶然に胃癌を発見した、といったケースも良く聞かれます。
では、胃癌の疑いのある自覚症状には、どんなものがあるのでしょうか。

最も良く知られている症状は、腹部の不快感や胃の痛みです。
これをただの胃痛だと思い込んで、胃腸薬や痛み止めを飲んでごまかしてしまい、早期発見が遅れるケースがありますので、注意が必要です。

胃癌の自覚症状

胸やけも胃癌の代表的な自覚症状の1つです。また、胸やけと関連して、異常な満腹感やゲップの多さなども症状として挙げられます。食べたくても食べられない、といったケースもあるようです。

さらに胃癌が進行していくと、嘔吐が症状として現れます。嘔吐の際に吐血する場合もありますが、吐血が頻繁になってくると、胃癌は相当進行していると考えてよいでしょう。
吐血が起こらない場合でも、便の色が黒くなるケースがあります。
胃で出血したものが便となって出てくるわけです。これも進行している胃癌のサインです。

スキルス胃癌の自覚症状

進行の早いスキルス胃癌は、自覚症状がほとんど出にくいことで有名です。
胃の粘膜の外側に沿って進行し、粘膜組織に変化が出ないためです。
しかし、スキルス胃癌の場合、胃壁が硬くなり、胃が重く感じられる傾向があります。
腹部の鈍い痛みとゲップの回数に注意することが必要です。もちろん、定期的な検診が効果的なのはいうまでもありません。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

INDEX 胃癌とは何か 胃癌の検査を詳しく 胃癌の主な治療法 治療後の心配事 胃癌との関係は?知っておきたいピロリ菌

Copyright(c)胃がん調べるネット All rights reserved.