胃癌の症状や治療を知る |胃がん調べるネット

胃がん調べるネットトップ > 胃癌について胃癌の基本治療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

胃癌の基本治療

胃癌治療はステージで異なる

一般的に癌の基本治療は、手術、放射線治療、抗がん剤などの化学治療の3つといわれています。
では、胃癌の基本治療はどうなのでしょうか。

胃癌の基本治療は、一般的な癌の治療方針と比較すると、少し異なる傾向があるようです。
胃癌の最も標準的な治療は、手術です。
ただし、ひとくくりに「手術」といっても、その程度は大きく異なります。

例えば早期胃癌のケースで、病変の進行がステージ1Aと分類されますと、比較的軽微な手術である、内視鏡手術が可能です。しかし、進行胃癌でステージが3Bですと、胃全体だけでなく、膵臓や肝臓などの臓器も切除する拡大手術が行われるのが一般的です。

化学治療は補助的な役割

胃癌の場合、抗がん剤などの化学治療がメインとなることは、ほとんどありません。
手術の前後に補助的に化学治療を行うことがある、という位置付けです。
ただし、胃癌の進行が最も進んだステージ4のケースについては、化学療法を中心とした治療方針が立てられることもあるようです。

胃癌では放射線治療が行われない

また胃癌の場合、放射線治療を実施することも、まれなケースです。理由は2つあります。

まず、胃癌細胞に対しては、放射線治療があまり効果的でないことが挙げられます。
もう1つの理由は、胃の周辺の臓器や器官が、放射線に弱いことです。

この2つの理由から、放射線治療は主に末期の癌に対して、補助的に使用されるケース以外、ほとんど実施されません。つまり胃癌の基本治療はあくまで手術であり、その他の治療方法は補助的に用いられることが多い、ということができます。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

INDEX 胃癌とは何か 胃癌の検査を詳しく 胃癌の主な治療法 治療後の心配事 胃癌との関係は?知っておきたいピロリ菌

Copyright(c)胃がん調べるネット All rights reserved.