胃癌の症状や治療を知る |胃がん調べるネット

胃がん調べるネットトップ > 胃癌について胃癌ができやすい場所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

胃癌ができやすい場所

胃癌が発症しやすい場所

胃癌ができやすい場所はどこでしょうか。まずは胃の構造を考えてみたいと思います。

胃の上部は食道とつながっています。食道とつながっている部分は「噴門」と呼ばれています。
噴門は、食べたものを逆流させないようにコントロールする役割をしています。
噴門の下は「胃底部」と呼ばれています。

そしてその胃底部の下に、胃の中部ともいえる胃体部があります。胃体部は胃のメインともいえ、食物を消化する役割をしています。
胃の下部は十二指腸とつながっており、「幽門部」と呼ばれています。幽門部は食物が十二指腸に流れるのをコントロールしています。十二指腸とつながっている部分は「幽門」と呼ばれています。

胃癌発症の約40%が幽門部

最も胃癌ができやすい場所は、基本的には胃の内部の粘膜部分なのですが、全体としては、特に胃の幽門部であることが知られています。発症する部位の約40%が、この幽門部となっています。

幽門部の次に癌ができやすい場所は、胃の中部、つまり胃体部です。
胃体部にできる胃癌の割合は、全体のおよそ30%です。
胃の上部や噴門部に胃癌ができるケースはあまり多くなく、全体の20%といわれています。

噴門部の胃癌は危険

噴門部にできる胃癌は、粘膜に腫瘍を作らないことが多く、発見することが難しいといえます。
そのため、ある程度進行してから発見されることが多く、胃の全摘出を行わざるを得ない場合が多いようです。つまり、全体的に見るとまれだが、発症すると厄介な癌といえます。

ここまで胃癌ができやすい場所を考えてきましたが、胃の下部にいけばいくほど、胃癌ができやすいことになります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

INDEX 胃癌とは何か 胃癌の検査を詳しく 胃癌の主な治療法 治療後の心配事 胃癌との関係は?知っておきたいピロリ菌

Copyright(c)胃がん調べるネット All rights reserved.